カテゴリー「未分類」の記事

実務試験が免除されるのはどんな場合?

2014年7月18日 / 未分類

自動車整備士になるには、認証工場などで自動車整備士として一定期間の実務を経験するか、国土交通省指定の自動車整備士養成施設を修了して受験資格を得た上で、国土交通省が実施している「自動車整備士技能検定試験」に合格するか、日本自動車整備振興会連合会(日整連)が実施している「自動車整備技能登録試験」に合格する必要があります。
国土交通省実施の技能検定と日整連実施の登録試験は、どちらも学科試験と実務試験の2つの試験があり、両方に合格すれば資格を取得できます。ただし、登録試験を受けた場合は両方に合格した後に技能検定の受験免除を申請しなければ合格証書が交付されません。
技能検定と登録試験にはどちらにも共通の実務試験免除の規定があります。技能検定の場合は、国土交通省指定の自動車整備士養成施設で所定の養成課程を修了した上で、技能検定の受験申し込み時に他の申請書類と一緒に実務試験免除の資格があることを証明する書類を提出すると、実務試験が免除されます。登録試験の場合も同様に、養成施設で養成課程を修了すれば実務試験が免除されますが、その後に技能検定の実務試験の免除を受けるために実務試験免除申請を行う必要があります。大抵はこの申請の時点で既に学科試験も合格しているため、実務試験の免除申請とともに学科試験の免除申請も行うことになります。

国土交通省の講習と試験を受講する

2014年7月18日 / 未分類

自動車整備士とは、自動車整備士国家試験に合格し、自動車のメンテナンスを自動車分解整備事業場にて行う者のことを言います。
自動車整備士には、一級、二級、三級、そして特殊整備士があります。
一級自動車整備士は、二級自動車整備士より高度な自動車の整備が出来ることが条件で、技能の種類には一級大型、小型、二輪があります。
また、二級では自動車の一般的な整備が出来ることが条件になり、二級ガソリン、ジーゼル、自動車シャン、二輪という種類があります。
三級は自動車各装置の基本的な整備が出来ることが条件で、三級自動車シャン、ガソリン・エンジン、ジーゼル・エンジン、二輪です。

また、特殊整備士は各分野についての専門的な知識や技能を持っていることが条件で、自動車タイヤ、自動車電機装置、車体整備士になります。
自動車設備士になるためには、上記のような一定の受験資格を満たしたうえで全国の自動車の整備作業の養成施設に通ったり、
日本各地の自動車整備振興会で講習会が開催されている講習日に参加したりして技術や知識を身につけ、
学科試験及び実技試験に合格しなくてはなりません。
試験日は年に2回しかなく、受けられる試験の内容も異なるのでよく確認して申し込む必要があります。

自動車整備士登録試験に受かるための対策

2014年7月18日 / 未分類

自動車整備士になるには自動車整備士技能検定試験に合格する必要がありますが、試験を受けるまでにはいくつかのルートを通ることになります。学校を卒業後すぐに整備工場に入社することが可能ですが、自動車整備士には法的に資格が必ず必要ではありませんので、資格を持っていなくても自動車整備士として勤務することが可能です。しかし現在は資格が力を発揮する世の中ですから、ほとんどの人が自動車整備士の資格を取得します。整備士技能検定を受けるには一定の実務経験を踏むか、養成所を卒業して受験資格を得るかどちらかになります。養成所を卒業すれば技能検定試験の中でも実技試験が免除になるため、比較的楽に取得できる資格となります。養成所に行かずに試験を受けるには実務経験によりますので、免除がなく厳しい試験となります。しかし自動車整備技能登録試験に合格すれば、養成所を卒業したのと同じ受験資格を持つことが可能ですから、実技試験が免除となります。国土交通大臣の指定を受けたものが行う試験ですから、試験内容については国家資格と同様の難易度があるといえます。試験対策としては十分な勉強時間を確保することが重要だと言えます。他の資格でも言えることですが、試験では普段経験しないような内容も出題されるため、広範囲な勉強をすることが大切です。

自動車整備士の職場

2014年7月18日 / 未分類

gf0110053994l自動車整備士の主な就職先は、自動車整備業が中心です。次々開発される高度な安全技術や、環境技術が導入され、高度な故障診断技術を身につける必要が高まってきました。一級自動車整備士の資格を持っていると、新しい技術に対応する力量がある人材の必要性から、需要が高まっていて、様々な場所へ活躍の場が広がっていきます。国内外メーカーの開発部門や、設計や新素材などの実験担当、試験評価のセクション、そしてお客様と直接やりとりするメーカーの全国系列店があります。それぞれの土地で、最上の技術者である一級整備士として、一般の整備士の技術を指導する役割も求められます。損害保険会社も対象で、事故調査部や整備マニュアルの編集、事故の見積もりなども担当します。特殊車両である建設機械、リース会社で自社整備場を持っている所や、自動車大学校で教員になる事もあります。最も技術力が高い一級整備士には、接客の知識もあるので、お客様に対して適切なアドバイスができる事が、企業イメージを高め、他社との差別化をはかる意味でも重視されています。常に新しい技術に対する知識とその対応を磨いておく事が求められます。より高い信頼を得ていく努力が必要になります。

資格申請の時に必要な書類

2014年7月18日 / 未分類

自動車整備士には、1級、2級、3級があります。
1級自動車整備士は、2級自動車整備士より高度な自動車の整備ができるレベルのことをいいます。
1級の受験資格があるのは、2級整備士取得後3年以上の実務経験者、または1級整備士養成課程修了者です。
2級自動車整備士は、自動車の一般的な整備ができるレベルのことをいいます。
2級の受験資格があるのは、3級整備士取得後3年以上の実務経験者、または大学、高専、高校、職能学校の指定学科修了者で3級合格後、1年6ヶ月以上の実務経験者や、職業能力開発総合大学校産業機械工学科修了者などです。
3級自動車整備士は、自動車各装置の基本的な整備ができるレベルのことをいいます。
3級の受験資格があるのは、1年以上の実務経験者、または大学、高専、高校、職能学校、3級課程で指定学科修了した者や、大学、高専、高校、職能学校の指定学科修了者、高校の機械科卒業者、自動車整備科合格者で、6ヶ月以上の実務経験者などです。
資格申請の時に用意する必要書類は、登録試験受験申請書1通、受験資格を証する証明書、写真1枚(申請前6ヵ月以内に脱帽し正面から撮影したもので、縦6cm、横4.5cmのもの)、葉書(学科試験2枚、1級のみ4枚、実技試験2枚)です。
なお、受験手数料は学科試験は1級6,200円、1級以外4,200円、実技試験は12,000円となっています。

自動車整備士を目指す養成施設

2014年7月18日 / 未分類

023410自動車整備士は、経験と技術で自動車の安全を守るスペシャリストです。自動車整備士になるには、国土交通省が試験に合格したものに免許を与える国家資格です。資格には三級と二級、一級があります。試験には登録試験と学科試験があります。学科試験では、三級の受験資格者は大学や高等学校の機械科卒業した者で6か月以上の実務経験がある者が資格試験を受けることが出来ます。機械科を卒業していなくても1年以上の実務経験があれば自覚試験を受けることが出来ます。高等学校において自動車科を卒業した者も受験する事が出来ます。登録試験は国土交通省が認める自動車養成施設で所定の課程を修了すると実技試験を免除してくれます。施設には1種と2種があります。1種は整備実務経験がないものが整備士を要請する学校で所定の課程を受けます。学校には、自動車大学校をはじめ整備専門学校、機械科や自動車科のある高等学校もしくは職業技術専門校です。カリキュラムは、資格のレベルによっても違いがあります。三級は900時間、二級と一級は1800時間です。養成期間は三級の場合1年以上、二級と一級の場合2年以上になっています。二種は、整備工場等で経験のあるものを対象とした自動車整備振興会講習所のことを言います。

種類ごとの試験受験の資格の違い

2014年7月18日 / 未分類

自動車整備士とは、自動車のメンテナンス専門の技術者のことをいいます。
車行政に関わる国家試験のため難易度が高く合格率は低いですが、自動車の整備に携わる仕事をする時に必要となってくる国家資格です。
自動車整備士には、1級、2級、3級があり、それぞれ受験資格の内容も異なります。
1級自動車整備士の受験の資格は、2級整備士合格と3年以上の実務経験者、もしくは自動車整備専門学校を卒業した国土交通省指定の1級自動車整備士養成課程修了者が受験を受けることができます。
1級整備士は、2級整備士より高度な自動車の整備ができる資格として車業界から求められています。
2級自動車整備士の受験の資格は、3級整備士の合格と3年以上の実務経験者、もしくは大学、高専、高校、職能学校の指定学科修了者で3級合格後、1年6ヶ月以上の実務経験者、または職業能力開発総合大学校産業機械工学科修了者などが受験を受けることができます。
2級整備士は、自動車の一般的な整備ができる資格のことをいいます。
3級自動車整備士の受験の資格は、15歳以降1年以上の実務経験者、もしくは大学、高専、高校、職能学校、3級課程で指定学科修了者、または大学、高専、高校、職能学校の指定学科修了者、高校の機械科卒業者、自動車整備科合格者で、6ヶ月以上の実務経験者などが受験を受けることができます。
3級整備士は、自動車各装置の基本的な整備ができる資格のことをいいます。

業務独占資格・名称独占資格・必置資格のそれぞれの特徴

2014年7月18日 / 未分類

自動車整備士という国家資格は、業務独占資格で名称独占資格であり、必置資格でもあります。
どういうことなのかというと、自動車整備士の資格を持っている人だけがビジネスとして修理工場や解体工場などの業務を行うことができるということです。つまり自動車整備士の資格がいなければ、業務を行ってはならないと決まっているのです。
そして自動車整備工場などで働いていて、助手のような働きをしていたとしても自動車整備士の資格がなければ整備士であると名乗ることはできません。これも法律で決まっていて、このことが名称独占資格といわれるものになるのですが、相手にさも自動車整備士であると誤解させるような肩書などを名乗ってはいけないということです。
大きな修理工場などになると全員が自動車整備士の資格を保有しているとは限りません。ですが全員を資格保有者だけでそろえるのは難しく人手が足らないという場合があります。その時に何人に一人は資格保有者でなければならないというように、何人の従業員ならば資格を持っている人を必ず最低何人置かなければいけないと決められているのが必置資格で、自動車整備士もこれに当てはまります。
それだけ重要な業務を行う資格だということなのです。

自動車整備士の種類は?

2014年7月18日 / 未分類

019807自動車整備士の種類は、1級自動車整備士・2級自動車整備士・3級自動車整備士・特殊整備士の4つに分かれています。
その中でもまた区分けされていて、1級には、大型・小型・2輪の3つ(現在、大型・2輪については試験を実施していない)
2級には、ガソリン・ディーゼル・シャシ・2輪の4つ、3級には、シャシ・ガソリンエンジン・ディーゼルエンジン・2輪の4つ、特殊には、タイヤ・電気装置・車体整備の3つがあります。

それぞれ色々な名称がついていますが、一般的に整備工場やディーラー等の修理工場で整備士といわれている方々の取得しているものは2級ガソリンかディーゼルが多いです。
と言うのは、自動車整備専門学校を卒業する事によって、受験資格(実地試験が免除になり、学科試験だけで良いです)
が得られるのが2級整備士だからです。

2級整備士の資格があればほとんどの作業に従事出来、現場で求められるのは2級以上が一般的です。

最近では、時代の変化とともに1級小型自動車整備士が注目されています。
と言うのも、昨今のHVやEVと言った原動機にモーターを使用した車やガソリン・ディーゼル以外の燃料を使用する車が増えてきて
これらの高度化された車へ対応するためです。

TOPへ戻る