資格申請の時に必要な書類

2014年7月18日 / 未分類

自動車整備士には、1級、2級、3級があります。
1級自動車整備士は、2級自動車整備士より高度な自動車の整備ができるレベルのことをいいます。
1級の受験資格があるのは、2級整備士取得後3年以上の実務経験者、または1級整備士養成課程修了者です。
2級自動車整備士は、自動車の一般的な整備ができるレベルのことをいいます。
2級の受験資格があるのは、3級整備士取得後3年以上の実務経験者、または大学、高専、高校、職能学校の指定学科修了者で3級合格後、1年6ヶ月以上の実務経験者や、職業能力開発総合大学校産業機械工学科修了者などです。
3級自動車整備士は、自動車各装置の基本的な整備ができるレベルのことをいいます。
3級の受験資格があるのは、1年以上の実務経験者、または大学、高専、高校、職能学校、3級課程で指定学科修了した者や、大学、高専、高校、職能学校の指定学科修了者、高校の機械科卒業者、自動車整備科合格者で、6ヶ月以上の実務経験者などです。
資格申請の時に用意する必要書類は、登録試験受験申請書1通、受験資格を証する証明書、写真1枚(申請前6ヵ月以内に脱帽し正面から撮影したもので、縦6cm、横4.5cmのもの)、葉書(学科試験2枚、1級のみ4枚、実技試験2枚)です。
なお、受験手数料は学科試験は1級6,200円、1級以外4,200円、実技試験は12,000円となっています。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る