自動車整備士の職場

2014年7月18日 / 未分類

gf0110053994l自動車整備士の主な就職先は、自動車整備業が中心です。次々開発される高度な安全技術や、環境技術が導入され、高度な故障診断技術を身につける必要が高まってきました。一級自動車整備士の資格を持っていると、新しい技術に対応する力量がある人材の必要性から、需要が高まっていて、様々な場所へ活躍の場が広がっていきます。国内外メーカーの開発部門や、設計や新素材などの実験担当、試験評価のセクション、そしてお客様と直接やりとりするメーカーの全国系列店があります。それぞれの土地で、最上の技術者である一級整備士として、一般の整備士の技術を指導する役割も求められます。損害保険会社も対象で、事故調査部や整備マニュアルの編集、事故の見積もりなども担当します。特殊車両である建設機械、リース会社で自社整備場を持っている所や、自動車大学校で教員になる事もあります。最も技術力が高い一級整備士には、接客の知識もあるので、お客様に対して適切なアドバイスができる事が、企業イメージを高め、他社との差別化をはかる意味でも重視されています。常に新しい技術に対する知識とその対応を磨いておく事が求められます。より高い信頼を得ていく努力が必要になります。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る