自動車整備士登録試験に受かるための対策

2014年7月18日 / 未分類

自動車整備士になるには自動車整備士技能検定試験に合格する必要がありますが、試験を受けるまでにはいくつかのルートを通ることになります。学校を卒業後すぐに整備工場に入社することが可能ですが、自動車整備士には法的に資格が必ず必要ではありませんので、資格を持っていなくても自動車整備士として勤務することが可能です。しかし現在は資格が力を発揮する世の中ですから、ほとんどの人が自動車整備士の資格を取得します。整備士技能検定を受けるには一定の実務経験を踏むか、養成所を卒業して受験資格を得るかどちらかになります。養成所を卒業すれば技能検定試験の中でも実技試験が免除になるため、比較的楽に取得できる資格となります。養成所に行かずに試験を受けるには実務経験によりますので、免除がなく厳しい試験となります。しかし自動車整備技能登録試験に合格すれば、養成所を卒業したのと同じ受験資格を持つことが可能ですから、実技試験が免除となります。国土交通大臣の指定を受けたものが行う試験ですから、試験内容については国家資格と同様の難易度があるといえます。試験対策としては十分な勉強時間を確保することが重要だと言えます。他の資格でも言えることですが、試験では普段経験しないような内容も出題されるため、広範囲な勉強をすることが大切です。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る