自動車整備士を目指す養成施設

2014年7月18日 / 未分類

023410自動車整備士は、経験と技術で自動車の安全を守るスペシャリストです。自動車整備士になるには、国土交通省が試験に合格したものに免許を与える国家資格です。資格には三級と二級、一級があります。試験には登録試験と学科試験があります。学科試験では、三級の受験資格者は大学や高等学校の機械科卒業した者で6か月以上の実務経験がある者が資格試験を受けることが出来ます。機械科を卒業していなくても1年以上の実務経験があれば自覚試験を受けることが出来ます。高等学校において自動車科を卒業した者も受験する事が出来ます。登録試験は国土交通省が認める自動車養成施設で所定の課程を修了すると実技試験を免除してくれます。施設には1種と2種があります。1種は整備実務経験がないものが整備士を要請する学校で所定の課程を受けます。学校には、自動車大学校をはじめ整備専門学校、機械科や自動車科のある高等学校もしくは職業技術専門校です。カリキュラムは、資格のレベルによっても違いがあります。三級は900時間、二級と一級は1800時間です。養成期間は三級の場合1年以上、二級と一級の場合2年以上になっています。二種は、整備工場等で経験のあるものを対象とした自動車整備振興会講習所のことを言います。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る